どうしたら、理想の子どもに育てられるのか?

どうしたら、理想の子どもに育てられるのか?

昔むかし、そのムカシ。

私は そこそこ熱心な、教育ママでした。

娘を妊娠している身重の体で、

私立幼稚園の受験番号を手に入れるために、

受験日の前夜20時頃から何時間も並んだり

(息子はその幼稚園に入園)、

早期教育の実践もしていました。

中1の娘は その記憶がない様ですが、

高1の息子には その記憶があります。

親の勝手な理想

を我が子に抱き、そうなるよう

子育てをしていました。

子どもは親思いなので、幼い頃は親子関係に

問題をあまり感じませんでしたが、

息子は段々と子育てが難しくなっていきました。

「あんたが、そう育てたんや」

と、教えてくれた人がいました。

目からウロコ、でした。

そうならない様に育てていたつもり

だったので、その言葉は驚きでした。

子どもは、勝手に育つ

親は子どもに、手も口も出さない方がいい。

失敗は、子どもにとって最高の学びになります。

そう教えて頂いた時から、子どもの自立だけを

意識してきました。

そして、各々の子どもを一個人として接する

努力もしました。

お陰さまで、子ども達はそれぞれやりたい事を

見つけ、自ら目標を持ち、行動するように

なりました。

これからも、子ども達を見守り続けようと思います。

子育てカテゴリの最新記事